閉じる
  1. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
  4. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
閉じる
  1. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. インビザラインという歯列矯正は矯正歯科の分野
  4. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  5. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
  6. 一回法と二回法?インプラントの手術方法
閉じる

歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い

歯科クリニックでは、さまざまな治療方法があり歯の状態を改善するためにインプラントや差し歯をかぶせることがあります。
また、インプラントなどを入れなければいけない原因として、歯の生える方向や噛み合わせによって発音が悪くなってしまったり、虫歯や事故などで歯を失うことが挙げられます。

インプラントと差し歯の違いは、歯の根元が残っているかどうかという点です。
インプラントははの根元が残っていない方に対して骨の部分に直接差し込みますが、差し歯は歯の根元が残っているので土台が出来ている状態です。
そのため、差し歯は土台となる部分にかぶせるように使用するという違いがあります。
また、保険適用の有無に関しても違いがあり、インプラントは自由診療にあたりますが、差し歯は保険内で治療が可能です。
ただし、注意点として差し歯に関しても素材によって自由診療に変わることもあるので、治療にかかる費用がどのていど必要なのかを確認してから施術を受けましょう。

入れ歯は差し歯やインプラントとは異なり取り外しができる反面、部分入れ歯などの一部の歯に対しておこなうと入れ歯の支えが丸見えになってしまいます。
そのため、見た目が気になってしまう方は、差し歯などの支えがなくても装着ができるタイプを選ぶといいでしょう。

入れ歯やインプラントの場合と異なり、差し歯をする上で注意する部分は歯茎の後退でかぶせた位置との間に隙間ができてしまい虫歯になる可能性があると点です。
虫歯によって知覚過敏になってしまったり、ブラックマージンと呼ばれる黒ずみができてしまいます。
そのため、差し歯をした場合は約6ヶ月に1度のペースでかぶせた部分を点検してもらうことが重要です。
また、差し歯に限らずぐらつきや黒ずみが気になった場合は早めに歯科クリニックへいき、もう少し短いスパンで通うことも考えましょう。

インプラントや差し歯に限らず、入れ歯に関しても使用していくにつれて壊れてしまうことがあります。
原因としては出っ歯や歯の噛み合わせの調整が上手くできていない場合や、噛み合わせの悪化によって顎関節症になってしまい結果として素材の磨耗やひび割れが起きます。
ただし、使用をしている期間が長い場合や素材によって磨耗はするため、一定間隔のメンテナンスをおこなうことで使用ができる期間が長くなります。
歯科クリニックを選ぶときは、そういったメンテナンスが充実しているところを選ぶようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  4. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い

ピックアップ記事

  1. 歯の健康を維持するために最も重要なことは、定期的な歯のクリーニングを受けることであることを忘れてはい…
  2. 歯科医院はたくさんありますが、どこでも良いというわけではありません。その中で自分の歯の状態に適し…
  3. インビザラインは歯を正しい位置へと移動させる矯正歯科治療の1つです。歯並びを良くする歯列矯正には色…
ページ上部へ戻る