閉じる
  1. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  4. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
閉じる
  1. 歯槽膿漏という恐ろしい病気と治療方法
  2. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  3. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  4. インビザラインという歯列矯正は矯正歯科の分野
  5. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  6. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
  7. 一回法と二回法?インプラントの手術方法
閉じる

歯槽膿漏という恐ろしい病気と治療方法

歯周病は、かつては不治の病とまでいわれた病気の1つです。
不治の病といわれた理由は歯周病を介して他の重篤な病気に至ることがあり、代表的なものとして糖尿病や心筋梗塞、肺炎などがあります。
他にも、全身に及ぼす影響として狭心症や脳梗塞、低体重児早産、骨粗鬆症、メタボリックシンドロームなどが知られています。
中でも糖尿病との関係は以前から合併症の1つといわれており、最近では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化することが明らかになるとともに、逆に、治療をすることで糖尿病も改善することも分かってきています。

歯周病と同一に捉えられている症状に歯槽膿漏がありますが、疑問の1つとしてこの2つは何が違うのかという点があります。
2つとも歯肉の病気として捉えられており、実際、多くの人が歯槽膿漏と歯周病をイメージします。

歯槽膿漏の意味を知る上でポイントとなるものに歯周病の段階ごとの症状があり、段階は、最初は歯肉炎に始まり、症状が進むにつれて軽度、中等度、重度と移行していきます。
歯槽膿漏は重度の症状に該当し、歯を支える歯槽骨が破壊され歯が抜けてしまうほど重い疾患を指します。
以前は歯周病が悪化して歯槽膿漏になると表現されていたものが最終的な症状が同じことから、現在では同じ意味として用いられています。

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
口の中には約300~500種類の細菌がすんでいるとされており、普段悪さはしないものの、ブラッシングを怠ったり糖分を過剰に摂取することで歯垢(プラーク)を作り出します。
歯垢は歯の表面に付き、粘着性が強いためにうがい程度では落ちなくなり、歯垢にいる細菌の1つが歯周病を引き起こす原因になります。
因みに歯垢1mgには10億個の細菌が住み着いていると言われています。

病気への対処は予防による進行阻止と治療の2つがあります。
まず、予防で重要なものに歯磨きの徹底があり、初期段階となる軽度の場合には的確な指導を基にした歯磨きや定期的な歯垢除去での対応になります。
中等度の段階も基本的には軽度と同様な内容になりますが、重度に移行した場合には相応の処置が必要になります。

重度歯周病、つまり歯槽膿漏の段階では、例えば歯周ポケットが深くなり歯が動いて物が食べづらくなったり、歯肉が下がり歯根も見えてきます。
また、歯肉が赤く腫れたり、口臭が強くなったり出血する場合もあります。
この段階になると歯肉を一時的にめくりあげ歯石を取る外科手術や、抜歯が対処法となります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  4. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い

ピックアップ記事

  1. 歯周病は、かつては不治の病とまでいわれた病気の1つです。不治の病といわれた理由は歯周病を介して他の…
  2. 歯の健康を維持するために最も重要なことは、定期的な歯のクリーニングを受けることであることを忘れてはい…
  3. 歯科医院はたくさんありますが、どこでも良いというわけではありません。その中で自分の歯の状態に適し…
ページ上部へ戻る