抗てんかん薬のラメズについて

ラメズはてんかんに対して効果がある治療薬であり、ジェネリック医薬品となっています。
主成分はラモトリギンであり、この成分が脳神経の興奮を抑える事によって、てんかんの症状を抑える事が出来ます。
子のラメズはてんかんの治療でも第二選択薬として用いられていて、他の薬で効果が十分でなかった場合に用いられます。
ジェネリック医薬品というのは、新薬が開発された時には特許を取得しますが、その特許が切れたために他の企業が同じ成分を利用して製造する医薬品の事です。
先発薬は莫大な研究開発費をかけた上で製造されますが、ジェネリックの場合は主成分は同じであるために開発にかかる費用が抑えられてコストが安くて済みます。
そして、デメリットなども改善された上で製造されている事も多く、利用者にとってはメリットが大きいです。
ラメズはインドの世界的な企業が製造していますが、日本では厚生労働省の認可を得ていないために販売されていないです。
そのために、ラメズを日本で手に入れようとする場合には個人輸入で手に入れる必要があり、個人輸入ならば医師の処方箋が無くても手に入れる事が出来ます。
処方箋が必要なくて費用も安く、ネットを介して手に入れる事が出来るために、病院で処方してもらうのが大変だという人でも手軽に手に入れる事が出来ます。
ただ、個人輸入でネット通販を利用する際には、きちんと信頼できる業者から購入する事が大切です。
ネットが普及したおかげで最近では個人輸入を利用する人も少なくないですが、その一方で手元に届いた製品が偽物だったなどといったトラブルも発生しています。
悪質な業者も少なからず存在しているので、信頼の出来る業者を選ぶ事が重要なのです。

ページトップへ