閉じる
  1. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
  2. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  3. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  4. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
閉じる
  1. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. インビザラインという歯列矯正は矯正歯科の分野
  4. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  5. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い
  6. 一回法と二回法?インプラントの手術方法
閉じる

一回法と二回法?インプラントの手術方法

インプラント(人工歯根)治療は歯茎を切りあごの骨に触る外科手術です。
あごの骨に埋め込まれるインプラントと人工歯と呼ばれる上部構造、それらを連結するアバットメントの3つのパーツで構成されており、手術方法には一回法と二回法の2つがあります。
2つの方法は手術回数だけでなくそれぞれに特徴があり、受ける際にはメリット・デメリットも含め内容をよく確認することが大切です。

インプラント治療の一回法は一回のみの手術方法が用いられます。
特徴は手術回数の他に、まず、歯肉の切開回数が一度きりのために患者への負担が軽いことがあり、人工歯が複雑でないために費用も比較的安く済ますことができます。
一方十分に骨があることが好ましく、GBRなどの骨再生法を併用する場合には2回法に比べ若干感染のリスクが高いことがあります。

一回法ではアバットメントを装着せずにインプラント体に直接人口歯を取り付ける1ピース型のインプラントを使用する方法と、アバットメントを装着して人工歯を取り付ける2ピース型のインプラントを使用する方法が用いられています。
2ピースのメリットは、1ピースに比べて負荷が少ないこと、清掃性が高いこと、患者自身が外したり付けたりできる人工歯を作成できる点があります。
デメリットは粘膜が厚い場合や審美性を求める際には2回法の方が人工歯を作成しやすいことがあり、他に、アバットメントや人工歯のスクリューを取り外す際に使用する開口部の詰め物の摩耗や離脱があることも難点となります。

二回法では外科手術を2回行います。
順序としては1回目の手術でインプラントをあごの骨に埋め込み、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が結合するまで待つことになります。
2回目の手術でアバットメントの連結を妨げるあごの骨を削り、アバットメントを連結します。
特徴の1つにインプラントがしっかり固定するまで期間を設けることがあり、あごの骨を増やす手術を併用する人や、全身疾患などがある人で感染リスクが高い人に適した手術方法になります。

二回法のメリットは、まずどのようなケースにも対応できる点があります。
また、骨とインプラントが結合するまで期間を設けるために感染リスクが低いことがあり、着脱式の総入れ歯を人工歯として使う方法にも対応できます。
一方デメリットに2回の手術が必要となるために患者への負担が大きいことがあります。
手術回数とともに1ピースのインプラントに比べて部品が多く費用が高くなることもデメリットになり、治療期間も長くなります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 歯の健康の根本は歯医者で定期的なクリーニング
  2. 歯科医院や歯医者選びを失敗しない!
  3. 審美歯科は歯並びの悩みにも対応できる!
  4. 歯科の基本!インプラント・入れ歯・差し歯の違い

ピックアップ記事

  1. 歯の健康を維持するために最も重要なことは、定期的な歯のクリーニングを受けることであることを忘れてはい…
  2. 歯科医院はたくさんありますが、どこでも良いというわけではありません。その中で自分の歯の状態に適し…
  3. インビザラインは歯を正しい位置へと移動させる矯正歯科治療の1つです。歯並びを良くする歯列矯正には色…
ページ上部へ戻る