ラメズは症候性てんかんやひきつけに効く薬

症候性てんかんとは基礎疾患が脳にあるために、その測定の位置に電気的な過剰放電や異常が起こる病気です。症候性てんかんにはいくつかのものがあります。部分転換に属するものと、全般転換に属するものです。そして症候性てんかんは、殆どが部分転換に属するものなのです。小児期の原因としては、先天性なものや、「髄膜炎」や「脳炎」と呼ばれる、乳児期や新生児の時の頭部外傷や、「脳損傷」と呼ばれる、脳の感染症出産時や出産前後の異常によるものなどがあります。成人期の症候性てんかんの原因は、脳腫瘍や頭部外傷、脳血管障害、アルツハイマーといった神経変性疾患というものがあります。ひきつけとは、けいれんともいい、白目をむいて、一時的に呼吸が止まり、体がこわばり意識を失う障害です。ひきつけの原因の一つがてんかんです。他には髄膜炎や頭部外傷なども挙げられます。これらが起こった時には慌ててはいけません。引きつけは通常、数分でおさまるからです。また、後遺症なども残ることがないので、冷静に対処することが必要なのです。衣服をゆるめ、楽な姿勢にしてあげたり、体を横に寝かせるなどといったことが必要です。そしてよく観察し、経過を覚えておき医師に相談する際、よく説明する事です。ひきつけが収まった後は熱を測り、確認して下さい。家庭で起きた際も冷静に対応しましょう。また、薬を飲むことも重要です。ラメズはラミクタールという、てんかんに使われる薬のジェネリックです。ラモトリギンとも呼ばれる、ラモトリジンを主成分としている、躁うつ・転換を治療する薬です。早期に服用すれば、早めの完治に繋がります。これらを理解しておきましょう。ラメズはてんかんの治療などに適しています。ラメズは双極性障害の躁うつ病にも高価が期待できるものです。ただし、めまいなど副作用もあるので、状況により気をつけ、自分に合ったものを選ぶことが必要です。

ページトップへ