てんかん治療にラメズが選ばれるのはなぜ?

てんかんの治療薬に用いられるラメズは、ラミクタールのジェネリック医薬品です。
主成分は主にラモトリギンで(別名:ラモトリジン)でてんかんの他には躁うつ(双極性障害)の治療によく使われます。
最近、てんかんは増加傾向にある症状と関連性があると言われています。
実際に現場で使われているラメズの効能には、意識障害を伴うてんかんの治療に用いますが、早期に服用することでより確かな効果が認められています。
主に神経細胞であるニューロンの活動を抑えることで、てんかん発作につながる興奮状態の発生を抑えてくれます。
脳神経の興奮を抑える働きがあることを利用し、部分発作と全般発作の強直間代発作に適しているようです。
お薬につきものの副作用に関しては発疹や眠気、頭痛、めまい、注意力や集中力の低下などが発現することがあるようですので注意してください。
また稀に過敏症症候群なども起こすことがあると報告もされています。
ラメズを服用するにあたって、成分のラモトリジンに対してアレルギーの既往がある方や併用薬にバルプロ酸ナトリウム、カルバマゼピン、リスペリドン、経口避妊薬などを使われている方はより注意が必要です。
また子供に際しても発症し治療が難しいと言われるレノックス・ガストー症候群に対して有効との報告もされています。
女性では妊婦や授乳期の方は医師に必ず伝えるようにしてください。また少しでも体の調子に異変を感じたら医療機関での診察をうけるようにしてください。
服用に際しても一日一回の服用ですが、お薬により食前や食後など飲み方も異なりますので医師の指示に従って内服される必要があります。
お薬には必ず効能と副作用があります。
細かな情報を知った上で、内服されることをおすすめします。てんかん薬の中でもラメズはおすすめです。

■その他にてんかんに有効な治療薬
テグレトール
■病院に行かずに自宅で簡単!
てんかんの治療薬を通販で購入してみましょう

ページトップへ